• HOME
  • >
  • スタッフブログ
  • >
  • 今年の桜に感じること
  • 今年の桜に感じること

    桜は様々なことわざに使われます。
     
    「花は桜木、人は武士」
    花は桜が最も美しく、人は武士が一番だということ。桜がぱっと咲いて散るように、武士の死に際も潔いことから
     
    明日ありと思う心の仇桜」
    いつ何が起こるかわからない、人生や世の中の無常をいった言葉。桜の花が、明日も咲いているだろうと安心していると、夜中の嵐で散ってしまうかもしれないという意から。
     
    いづれにしても、桜の花の命は短いというところから来ています。
     
    しかし今年の桜は4/14現在も、京都市内でも、まだまだ見頃のところがあります。
     
    本来開花する時期に急に寒くなって、まだ咲いちゃいけないと勘違いした花たちや、満開の時期でも、朝晩急に寒くなり、散る時期を迷う桜の花たちもあったように思います。
     
    いつもと異なるサイクルに、慣れていない者たちが、判断に迷い、いつもの実力を発揮できないことがあるのと同じです。
     
    しかし時間はいつも同じように流れて、確実に過ぎていきます。
     
    常に平常心を保ち、少しぐらいの環境変化に戸惑わず、最高のパフォーマンスを発揮できるするには、自分の中の体内時計、いわゆる指針に従った行動が求められるのでしょう。
     
    現役時代のイチロー選手なように。
    一覧へ戻る
    この記事を書いた人
    京都100年企業
    林 勇作

    1965年8月28日生まれ
    大阪市出身

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    100年企業を研究しませんか?

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    お気軽にお問い合わせください。

    【京都100年企業研究会】運営
    株式会社センチュリークリエイティブ
    京都府京都市中京区河原町
    通御池下る2丁目下丸屋町403番地
    FISビル2F
    TEL 075-778-5041
    Fax 075-256-8660
    Copyright(C) 2018 株式会社センチュリークリエイティブ All Rights Reserved.