• HOME
  • >
  • スタッフブログ
  • >
  • 組織の在り方を歴史に学ぶ(後篇)
  • 組織の在り方を歴史に学ぶ(後篇)

    前篇では、古代欧州の統治方法に見るリーダーシップのあり方を考察いたしました。
    最後の方は日本の民主主義の真実は何かという話になり、少しテーマと逸れてしまい、すみません。
     
    ここで、もっと身近な組織でのリーダーの資質を考察してみたいと思います
     
    民間企業において、本来の存在意義から見る組織のあり方は、世の中のために役立つ商品、サービスを提供し、お客様に喜んでいただき、そのご褒美として、収益を得る。そしてその原資を元に、さらに商品・サービスを充実させ、顧客、地域社会に貢献していく。その繰り返しにより、地域社会への価値提供が図れ、なくてはならない会社と認められることで、企業として継続していく。そこにブランドが生まれ、雇用の創出が生まれる。それが企業の存在意義であると考えています。
     
    また、公的な組織においても、その本質は変わりません。その原資が民間の血税であるということで、収益が第一義の目的ではなく、地域社会、市民への貢献が第一義であるということです。
     
    言い換えると、継続のために必要な資金の出所が異なるだけで、存在意義は変わりません。
     
    とすれば、民間企業も公的な組織も目指すものは同じであり、その意義をそれぞれの長であるリーダーはしっかりと認識しなければなりません。
     
    目先の利益、数字だけを追い求めてはなりません。本来の存在意義から外れた行動を社員や国民に求めると、必ず組織は統率が取れなくなり、社員等のモチベーションは下がり、リーダーが頑張ろうとすればするほど、業績は下がっていくのです。
     
    やはりどの組織のリーダーも、第一義の目的に沿った、あるべき姿を見失うことなく、どのような圧力がかかろうとも、社員等を守り抜き、目的遂行をする覚悟が必要です。
     
    家族経営が最小の組織とすると、そこにはまさに真実があります。
    周りのご近所の皆さんに喜んでいただく商品・サービスを提供し、工夫を凝らし、もっと喜んで頂こうという気持ちだけで商売を続けて、地域の皆様になくてはならないお店となることで、何代もの継続をはたしていく。そして老舗となる事が出来るのでしょう。それは歴史が物語っています。
     
    そんなリーダーで溢れる社会になっていただきたいと切に願うばかりです。
    一覧へ戻る
    この記事を書いた人
    京都100年企業
    林 勇作

    1965年8月28日生まれ
    大阪市出身

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    100年企業を研究しませんか?

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    お気軽にお問い合わせください。

    【京都100年企業研究会】運営
    株式会社センチュリークリエイティブ
    京都府京都市中京区河原町
    通御池下る2丁目下丸屋町403番地
    FISビル2F
    TEL 075-778-5041
    Fax 075-256-8660
    Copyright(C) 2018 株式会社センチュリークリエイティブ All Rights Reserved.