• HOME
  • >
  • スタッフブログ
  • >
  • ベトナム珍道中レポート4日目
  • ベトナム珍道中レポート4日目

    急遽予定変更、日本人との出会い
    ミーソン遺跡へ行くことになりました。

    夏川さんと言いました。最近お母さんを亡くされ、時間ができたので、1年間は充電期間としてゆっくり旅行などされているそうです。

    たまたまミーソン遺跡のパックを頼み、一人で行くつもりだったそうですが、
    お連れがいれば、経費も半分になるし、話し相手もできるという事で、日本人の僕に声をかけてくれたようです。

    僕もホテルチェックアウトした後少し観光でもと思っていたので、別のところで五行山を考えてましたが、そこはかなり急な山でこの暑さの中行くとき熱中症になるよといわれ、それはダメと思い、同行を決めました。

    結果それが良かったです。世界遺産である、ホーソン遺跡な予想をはるかに超えて、素晴らしい経験ができました。

    世界遺産がこんなに身近に見れて、触れられるところはまずないでしょう。
    未だ解読できない呪文が書かれた石版もあり、接着剤を使わず、組み立てたレンガの建物、様々な調度品の数々、まさに
    インディージョーンズの世界でした。

    中には所々に性器をモチーフにした石像が立っており、特に女性器のものが多いのですが、ひとつだけ男女が合わさったものも1カ所ありました。何かの儀式で用いられた場所を示しているのかもしれません。病院と呼ばれる場所もありました。

    かなり歩いて疲れたので出口近くの売店でビールを飲みながら、この遺跡の凄さを話してました。その売店に可愛い6歳の女の子がお母さんと一緒にいて、ちょこちょこと走り回っていました。彼女とコミュニケーションを取ろうと、ボケトークで話しかけるのですが、恥ずかしがって答えてくれません。
    やっとお母さんを通じて年齢と名前を聞けました。お菓子をあげると近づいてきて、可愛い笑顔を見せてくれました。

    一覧へ戻る
    この記事を書いた人
    京都100年企業
    林 勇作

    1965年8月28日生まれ
    大阪市出身

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    100年企業を研究しませんか?

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    お気軽にお問い合わせください。

    【京都100年企業研究会】運営
    株式会社センチュリークリエイティブ
    京都府京都市中京区河原町
    通御池下る2丁目下丸屋町403番地
    FISビル2F
    TEL 075-778-5041
    Fax 075-256-8660
    Copyright(C) 2018 株式会社センチュリークリエイティブ All Rights Reserved.