• HOME
  • >
  • スタッフブログ
  • >
  • ベトナム珍道中レポート3日目②
  • ベトナム珍道中レポート3日目②

    メインイベントの花火大会で世界花火大会の決勝戦を堪能しました。
    通常は暑い湖岸べりで見学するのですが、ミンさんの計らいで、船から見る花火コースを紹介していただき、切符まで取ってくれました。
    そこからの花火はまるで天から降って来るかごとく、迫力あるものでした。
    英国とフィンランドの決戦でした。
    もともと日本は入ってなかったのが不思議でした。

    その船の中で出会った高校生タイくん一家と、例のボケトークや片言の英語でお話ししました。高校生のタイくんは、
    日本に関心あり、色々聞いてきました。
    どんな仕事をしているとか、東京や大阪のこと。京都はどんな街かなど。
    そしていつか自分も日本へ行きたいと言ってました。今は沢山のベトナム人が日本に来ているから、大丈夫だよと言いましたら、なかなか経済的なこと、社会的な立場で難しいと言ってました。先日のタクシーの運転手と同じことなのかなと感じましたね。

    花火大会が無事終了し、いざホテルに戻ろうしますと帰りのタクシーが捕まらないという非常事態に遭遇しました。
    スマホで調べると4km以上あり歩くと1時間近くかかります。仕方がないのでそのうちタクシーが捕まるだろうと歩き出しました。2km近く歩いて、かなり疲れたと思い、交差点付近で立ち止まっていると、とその時、バイクの彼が後ろに乗せてホテルまで行こうかと声をかけてきました。いくらというと5万ドンでと札を見せて言いました。相場よりは少し高いのかもと思いましたが、日本円で250円です。あとこれまでのベトナムの交通事情を見ているとかなり危険ということが頭をよぎりましたが、かなり疲れていたこともあり、彼も誠実そうな感じだったので、お願いしました。

    運転は安全で、スピードもゆっくり目でしたので、怖いということもなく、結構快適でしたね。
    無事ホテルに着き、5万ドンを支払うと笑顔で去っていきました。
    これもいい経験でした。

     

     

    一覧へ戻る
    この記事を書いた人
    京都100年企業
    林 勇作

    1965年8月28日生まれ
    大阪市出身

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    100年企業を研究しませんか?

    今後の日本の中小企業の手本となる魅力ある強い企業体の創出に最大限の力を注ぎます。会員様と共に永続的な成長と発展を図り、会員様と共に幸せな人生を実現します。

    お気軽にお問い合わせください。

    【京都100年企業研究会】運営
    株式会社センチュリークリエイティブ
    京都府京都市中京区河原町
    通御池下る2丁目下丸屋町403番地
    FISビル2F
    TEL 075-778-5041
    Fax 075-256-8660
    Copyright(C) 2018 株式会社センチュリークリエイティブ All Rights Reserved.